かにこうもり (蟹蝙蝠)

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

Cacalia adenostyloides

わが国の本州と四国に分布しています。亜高山帯の針葉樹林内に群生して生え、高さは50〜100センチになります。葉はカニの甲羅のようなかたちで不規則な鋸歯があります。名前はこの葉のかたちから。8月から9月ごろ、茎の先端に円錐花序をだし、小さな白い花を咲かせます。
キク科コウモリソウ属の多年草で、学名は Cacalia adenostyloides。
英名はありません。
"Kani-koumori" (Cacalia adenostyloides) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Honshu and Shikoku ofJapan. This herb grows gregariously in sub-alpine coniferous forests and can reach 50-100 cm in height. The leaves are crab-shell shaped with irregular toothed edges. The panicles are borne at the stem apices and the small white flowers bloom from August to September.
[上・中1] 岐阜県丹生川村久手「乗鞍岳」にて、
2002年08月17日撮影。
[中2・中3] 岐阜県白川村飯島「三方岩岳」にて、
2004年08月08日撮影。
[中4・中5] 群馬県片品村東小川にて、2010年06月27日撮影。
[中6] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中7・中8] 群馬県片品村東小川にて、2012年06月09日撮影。
[中9〜中11] 福島県檜枝岐村「台倉高山」にて、
2014年09月21日撮影。
[下] 岩手県遠野市「早池峰山」にて、2017年07月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp