かんざきなたね (寒咲き菜種)

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

中国原産の「ちりめんはくさい」を改良した品種です。根生葉は大き
く、倒卵形で鋸歯があり、縮緬状のしわになります。耐寒性が強く、
暖かい地域では、初秋にタネまきすると年末ごろから咲き始めます。
別名で、「かんざきはなな(寒咲き花菜)」とも呼ばれます。
アブラナ科アブラナ属の一年草で、学名は Brassica campestris var.
amplexicaulis。英名はありません。
"Kanzaki-natane" (Brassica campestris var. amplexicaulis) belongs to
Brassiaceae (the Mustard family). It is an annual herb that is an improved
variety of curly Chinese cabbage. The leaves are large, basal and obovate
with toothed edges and wrinkled surfaces. This herb is cold tolerant, and
the flowers begin to appear near the end of the year at warm places if sow
the seeds in early fall.
[上・中1] 奈良県三郷町「信貴山のどか村」にて、
2007年03月31日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2006年03月03日撮影。
[中3・中4] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中5] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中6] 千葉県香取市大角にて、2011年01月08日撮影。
[下] 愛知県南知多町「花ひろば」にて、2001年01月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp