からたねおがたま (唐種招霊)

Michelia figo

Michelia figo

Michelia figo

Michelia figo

Michelia figo

Michelia figo

Michelia figo

中国の南部が原産です。わが国へは江戸時代の中頃に渡来しまし
た。高さは4〜5メートルほどになります。葉は長楕円形で互生し、全
縁です。5月から6月ごろ、葉腋に黄白色の花を咲かせます。花披片
には紅色の縁取りがあります。また「バナナ」に似た強い芳香があり
ます。別名で「とうおがたま(唐招霊)」とも呼ばれます。
モクレン科オガタマノキ属の常緑小高木で、学名は Michelia figo。
英名は Banana shrub。
Banana shrub belongs to Magnoliaceae (Magnolia family). It is an evergreen
semi-tall tree that is native to southern China. This tree was introduced into
Japan in the middle of Edo Era (about 250 years ago). It can reach 4-5 m
in height. The leaves are oblong, alternate and entire. The yelowish white
flowers come in the axiles from May to June. The tepals have rose-pink
edges. The flowers have banana-like strong odor.
[上・中1〜2・中5・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年05月22日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2006年05月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp