からすびしゃく (烏柄杓) [Index] [Back]

Pinellia ternata

Pinellia ternata

Pinellia ternata

Pinellia ternata

Pinellia ternata

Pinellia ternata

Pinellia ternata

Pinellia ternata

Pinellia ternata

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。畑や河岸などに生え、高さは20〜40センチになります。葉は3出複葉で、楕円形から長楕円形の小葉がつきます。「おおはんげ(大半夏)」に似ていますが、葉柄や小葉の基部に珠芽(むかご)がつきます。5月から8月ごろ、花茎を伸ばし、緑色または帯紫色の仏炎苞に包まれた花を咲かせます。花には花披がなく、肉穂花序の下部に雌花群、上部に雄花群がつきます。花序の付属体は糸状に長く伸び、仏炎苞からでて直立します。別名で「はんげ(半夏)」とも呼ばれます。
サトイモ科ハンゲ属の多年草で、学名は Pinellia ternata。
英名は Crow dipper。
Crow dipper (Pinellia ternata) belongs the Araceae (the Arum family). It is a perennial herb that is native to all over Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in dry fields or stream edges, and can reach 20-40 cm in height. The leaves are trifoliate with elliptic to oblong leaflets. It resembles to the Green dragon (Pinellia tripartita), though it is defined that the bulbils bear at the petioles or the leaflet bases. The flowering stalks are borne and the flowers bloom with green or tinged purple spathes from May to August. The flowers have not perianthes, the female flower bands are borne at the underneath spadix and the male flower bands are borne at the upper one. The elongated appendix is long filiform and grows erect over the spathe.
[上・中1] 千葉県香取市大角にて、2011年06月03日撮影。
[中2] 同上にて、2011年04月22日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2012年04月24日撮影。
[中5〜7・下] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp