からまつそう (落葉松草)

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

Thalictrum aquilegifolium var. intermedium

わが国の各地に分布しています。亜高山帯の林縁や山地の草原に生え、高さは50〜120センチになります。茎葉は3〜4回3出複葉です。7月から9月ごろ、茎の先に散房花序をつけ、白い花を咲かせます。花弁のように見えるのは、へら状になった花糸(雄しべ)です。名前は、花が「からまつ(落葉松)」の葉に似ていることから。春先の柔らかい若茎を食用にするそうです。
キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草で、学名は Thalictrum aquilegifolium var. intermedium。英名はありません。
"Karamatsu-so" (Thalictrum aquilegifolium var. intermedium) belongs to the Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is distributed throughout Japan. This herb grows in sub-alpine forest edges or montane grasslands, and can reach 50-120 cm in height. The cauline leaves are three to four trifoliate. The corymbs are borne on the stem apices and bloom white flowers from July to September. The filaments are spatulate and petaloid. The young shoots are used as food in early spring.
[上・中1・中4] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中2] 長野県茅野市北山こまくさ平にて、2005年07月08日撮影。
[中3] 長野県東御市新張「湯の丸高原」にて、
2005年07月09日撮影。
[中5・中6] 栃木県日光市中宮祠「戦場ヶ原」にて、
2010年06月26日撮影。
[中7] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月16日撮影。
[中8] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中9・中10] 静岡県熱海市熱海「錦ヶ浦」にて、
2013年08月02日撮影。
[中11・中12] 群馬県片品村「尾瀬ヶ原」にて、
2015年07月05日撮影。
[中13・中14] 群馬県片品村「川上川」にて、2015年07月05日撮影。
[中15〜16・下] 岩手県平泉町「毛越寺」にて、
2016年09月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp