からたち (枳)

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

Poncirus trifoliata

中国の中南部が原産です。一属一種で、高さは2〜6メートルほどになり、枝には鋭い棘があります。葉は3出複葉で、葉柄には翼があります。4月から5月ごろ、白い花を咲かせます。秋には球形の果実が黄色く熟し、芳香があり、薬用にされます。暖地の生垣や柑橘類の台木として使われています。
ミカン科カラタチ属の落葉低木で、学名は Poncirus trifoliata。
英名は Hardy orange、Trifoliata orange。
Hardy orange (Hardy orange) belongs to the family Rutaceae (the Citrus family). It is a small deciduous tree that is native to central-southern China. It is the only species in the genus Poncirus. This tree can reach 2-6 m in height. The branches have acute spines. The leaves are trifoliate with winged petioles. The white flowers bloom from April to May. The fruits are round and ripen to yellow in fall. They are aromatic and used for medical properties. The tree is caltivated as hedges at warm places and used as a rootstock for citrus.
[上・中1] 大阪府東大阪市上四条町「なるかわ園地」
にて、2005年10月03日撮影。
[中2] アメリカ・ニューヨーク州「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。
[中3] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2009年04月25日撮影。
[中4] 同上にて、2010年05月15日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2009年07月24日撮影。
[中7・中8] 千葉県東庄町東和田にて、2010年10月02日撮影。
[中9・下] アメリカ・オレゴン州「チャイニーズガーデン」にて、
2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp