かさばルピナス (傘葉ルピナス) [Index] [Back]

Lupinus hirsutus

Lupinus hirsutus

ヨーロッパの南部に分布しています。草地や畑の縁などに生え、高さは60〜90センチになります。茎は柔らかな毛に被われます。葉は掌状複葉で、倒披針形から倒卵形の小葉が5〜11個つき、両面には柔らかな毛が生えています。晩春に総状花序をだし、青色の蝶形花を咲かせます。別名で「かさざきルピナス(傘咲きルピナス)」とも呼ばれます。
マメ科ルピナス属の一年草で、学名は Lupinus hirsutus。
英名はありません。
Lupinus hirsutus belongs to Fabaceae (Pea family). It is an annual herb that is native to southern Europe. This herb occurs in grasslands or field margins and can reach 60-90 cm in height. The stems are densely villous. The leaves are palmate compound with 5-11 oblanceolate to obovate leaflets and softly villous on both surfaces. The racemes are borne and bloom blue papilionaceous flowers in late spring.
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp