かしわ (柏)

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

Quercus dentata

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地に生え、高さは10〜15メートルになります。樹皮は黒褐色で、縦に裂け目があります。卵形の葉は枝先に集まって互生し、縁には波状の鋸歯があります。5月から6月ごろ、雌花は葉腋につき、雄花序は垂れ下がります。堅果は卵球形で、下部は総苞片が密生する殻斗に包まれます。葉は柏餅を包むのに利用されています。
ブナ科コナラ属の落葉高木で、学名は Quercus dentata。
英名は Japanese emperor oak。
The Japanese emperor oak (Quercus dentata) belongs to the Fagaceae (the Beech family). It is a tall deciduous tree that is distributed throughout Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This tree grows in mountains and can reach 10-15 m in height. The barks are blackish brown and furrowed longitudially. The leaves are ovate with wavy serrated edges, and arranged in dense alternate at the terminal branches. The female flowers bloom in axils and the male clusters are drooping from May to June. The fruit is ovate-round nut and covered with cupules at its lower part. The cupules are covered with dense involucal bracts. The leaf is used as a wrapping of cake.
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[中2] 同上にて、2006年01月12日撮影。
[中3] 同上にて、2006年03月24日撮影。
[中4〜中6] 福島県昭和村下中津川「正法寺」にて、
2012年08月26日撮影。
[中7〜中9] 東京都八王子市「高尾山」にて、2013年09月21日撮影。
[中10・中11] 山梨県上野原市「扇山」にて、2013年09月22日撮影。
[中12] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、2015年02月01日撮影。
[中13〜14・下] 山梨県富士河口湖町「河口湖」にて、
2015年11月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp