かすまぐさ (かす間草)

Vicia tetrasperma

Vicia tetrasperma

Vicia tetrasperma

Vicia tetrasperma

わが国の本州から四国・九州、それにユーラシア大陸の温帯地域に
広く分布しています。野原や道ばたなどに生え、巻きひげをだして絡
みつきます。葉は偶数羽状複葉で、小葉は3〜6対あります。4月か
ら5月ごろ、葉腋から花柄をだし、1〜3個の小さな淡青紫色の蝶形
花を咲かせます。名前は「カラスノエンドウ」と「スズメノエンドウ」の中
間的な形態をもつことから。
マメ科ソラマメ属の二年草で、学名は Vicia tetrasperma。
英名は Lentil vetch, Slender vetch。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年05月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp