かたとげパンのき (堅棘パンの木)

Artocarpus rigida

Artocarpus rigida

インド東部からマレーシアに分布しています。樹冠は不規則な卵形に
なります。葉は厚紙質の長楕円形で互生し、全縁です。雌雄同株で、
3月から4月ごろ、枝先や葉腋に扁球形の雄花序と雌花序をつけま
す。果実は扁球形の集合果で、7月の中頃から橙黄色に熟します。
果皮には棘状の突起があり、果肉は甘くて多汁で、生食や菓子の原
料に利用されます。別名で「モンキージャック」とも呼ばれます。
クワ科パンノキ属の常緑高木で、学名は Artocarpus rigida。
英名は Monkey jack。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp