かいどうつばき (海棠椿)

Camellia amplexicaulis

Camellia amplexicaulis

Camellia amplexicaulis

Camellia amplexicaulis

Camellia amplexicaulis

ベトナムの北部が原産です。亜熱帯性のツバキで、「きんかちゃ」の
一系統です。花は明るい紅色で、縁に白色の覆輪があります。また
蝋細工のような質感があります。ベトナムではテト(旧正月)を祝う花
となっていて、海棠(Hi Duong, ハイズォン)と呼ばれます。わが国で
は訛って、「ハイドゥン」や「ハイドン」とされることもあります。
ツバキ科ツバキ属の常緑低木で、学名は Camellia amplexicaulis。
英名はありません。
Camellia amplexicaulis belongs to Theaceae (the Tea family). It is a small
evergreen tree that is native to northern Viet Nam. This tree is a subtropical
camellia, and a breed of Yellow camellia (Camellia chrysantha). The
flower is bright ponceau with white variegated margin and waxy texture.
This flower is called "Hi Duong" and used for decor on Tet (New Year's
Day) in Viet Nam.
[上・中1] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、
2009年02月21日撮影。
[中2] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2005年02月26日撮影。
[中3・下] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp