かつら (桂)

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

Cercidiphyllum japonicum

わが国の固有種で、各地に分布しています。山地の沢沿いなどに生え、高さは20〜30メートルになります。樹皮は灰褐色で、老木では薄く剥離します。葉は広い心臓形で滑らかな鋸歯があり、対生します。材は均質で軟らかく、建築材や家具に加工されます。葉は香りがよく、抹香の材料となります。雌雄異株です。名前は、香出(かづ)からの転訛といわれています。写真の中20と下は、北向観音の「愛染かつら」。
カツラ科カツラ属の落葉高木で、学名は Cercidiphyllum japonicum。
英名は Katsura tree。
Katsura tree (Cercidiphyllum japonicum) belongs to the family Cercidiphyllaceae. It is a tall decidous tree that is endemic to Japan. This tree grows along mountain streams and can reach 20-30 m in height. The barks are grayish brown and shallow-furrowed when mature. The leaves are broad cordate, opposite with smooth toothed edges. The timber is homogeneous, soft and used for building materials and furnitures. The leaves are aromatic and used as a material of incense. It is dioecious.
[上] 長野県松本市「内田少年の森」にて、2005年05月21日撮影。
[中1・中7] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、
2005年07月17日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2006年04月28日撮影。
[中5] 同上にて、2006年11月29日撮影。
[中3] 岐阜県高山市高根町野麦にて、2005年10月20日撮影。
[中4] 茨城県水戸市「水戸市植物園」にて、2008年11月09日撮影。
[中6] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年04月06日撮影。
[中8] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月17日撮影。
[中9・中10] 群馬県中之条町「薬王園」にて、
2011年10月02日撮影。
[中11・中12] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2012年12月09日撮影。
[中13〜中17] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。
[中18・中19] 福島県天栄村「二岐山」にて、2014年07月26日撮影。
[中20・下] 長野県上田市別所温泉「北向観音」にて、
2016年03月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp