かわみどり (川緑)

Agastache rugosa

Agastache rugosa

Agastache rugosa

Agastache rugosa

Agastache rugosa

Agastache rugosa

Agastache rugosa

Agastache rugosa

わが国の各地をはじめ朝鮮半島や中国、シベリア東部に分布してい
ます。山地に生え、高さは40〜100センチになります。茎には4稜
があり、葉は広卵形で先が短く尖り対生します。全体に強い香気が
あります。8月から10月ごろ、茎の先に穂状花序をだして、青紫色
の唇形花をいっぱい咲かせます。 地上部を乾燥させたものを漢方で
は「かっ香」と呼び、風邪や頭痛などに用いられます。
シソ科カワミドリ属の多年草で、学名は Agastache rugosa。
英名は Korean mint。
Korean mint (Agastache rugosa) belongs to the Lamiaceae (the Mint
family). It is a perennial herb that is distributed to all over Japan, also the
Korean Peninsula, China and eastern Siberia. This herb grows in
mountains, and can reach 40-100 cm in height. The stems are
quadrangular, and the leaves are broad-ovate, opposite with short acute
tips. The all parts of plant are strong scented. The spikes are borne on the
stem apices, and the blue-puple labiate flowers bloom in profusion from
August to October. The dried terrestrials are called "Kakko", and used as
a herbal medicine for cold or headache.
[上・中1〜2] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中3・中4] 長野県塩尻市「高ボッチ高原」にて、
2005年09月21日撮影。
[中5] 同上にて、2001年08月15日撮影。
[中6・下] 長野県奈川村屋形原にて、2002年08月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp