かわらたけ (瓦茸)

Trametes versicolor

Trametes versicolor

Trametes versicolor

Trametes versicolor

Trametes versicolor

Trametes versicolor

Trametes versicolor

Trametes versicolor

Trametes versicolor

世界中に広く分布しています。広葉樹や針葉樹の枯れ木に群生し、名前のとおり瓦を葺いたように見えます。半円形の傘は強靱な皮質で、表面には同心円状の模様があります。黒色や褐色、藍色など、色の変化に富んでいます。多糖ータンパク質複合体の「クレスチン」が発見され、今ではガンの免疫補助剤にも用いられています。
サルノコシカケ科シロアミタケ属の多年生キノコで、学名は Trametes versicolor。英名は Multicolored polypore。 
Multicolored polypore (Trametes versicolor) belongs to the Polyporaceae (Bracket fungi family). It is a perennial fungus that is distributed widely throughout the world. This fungus grows on deadwoods of broad-leaved tree and needle-leaved tree. The pileus is semicircular, tough leathery, concentric patterned on surface. There are many colored patterns such as black, brown or indigo. Krestin is a protein-bound polysaccharide, which was discovered in the 1970s. It is used as an anticancer immunologic adjuvant.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年10月12日撮影。
[中2] 同上にて、2005年01月19日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年09月10日撮影。
[中4] アメリカ・カリフォルニア州サウサリートにて、
2010年02月26日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中5・中6] 福島県いわき市「三森山」にて、2014年01月18日撮影。
[中7・下] 福島県古殿町「鎌倉岳」にて、2014年04月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp