かや (榧)

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

Torreya nucifera

わが国の本州、宮城県以南から四国・九州に分布しています。山地に生え、高さは25メートルにもなります。樹皮は灰褐色で縦に浅く割れ目が入ります。葉は長さ2センチほどの線形で、螺旋状または2列つきます。裏面には細くて白い気孔帯が2本あります。5月ごろ、前年枝の葉腋に雄花を、新枝の基部に雌花をつけます。果実は緑色の仮種皮に包まれ、翌年の9月ごろに熟して緑色のままで落下します。写真上・中1〜2は、北尾根の静馬ヶ原にあったもので、日本海側に見られる変種の「ちゃぼがや(Torreya nucifera var. radicans)」かもしれません。
イチイ科カヤ属の常緑高木で、学名は Torreya nucifera。
英名は Japanese torreya。
The Japanese torreya (Torreya nucifera) belongs to the Taxaceae (the Yew family). It is a tall evergreen tree that is native from Miyagi prefecture of Honshu south to Shikoku and Kyushu. This tree grows in mountains and it can reach about 25 m in height. The bark is gray-brown and slightly furrowed longitudially. The leaves are linear about 2 cm long, and arranged spirally or in double rows. They have two, narrow, white stomatal bands on the rear surfaces. The male flowers are borne at the new-branch axils and the female flowers are borne at the new-branch bases in May. The seeds are covered with green arils, ripen and fall without change in next September. 
[上・中1〜2] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。
[中3・中4] 福島県いわき市小川町にて、2013年12月14日撮影。
[中5〜中7] 福島県いわき市平上平窪にて、2013年12月14日撮影。
[中8〜中12] 福島県広野町「五社山」にて、2014年01月19日撮影。
[中13〜中15] 福島県楢葉町「井出林道」にて、
2014年01月26日撮影。
[中16〜中18] 長野県上田市「前山寺」にて、
2016年03月07日撮影。
[中19〜20・下] 宮城県石巻市「金華山」にて、
2016年03月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp