かざぐるま (風車) [Index] [Back]

Clematis patens

Clematis patens

Clematis patens

Clematis patens

Clematis patens

Clematis patens

Clematis patens

Clematis patens

わが国の本州から四国・九州北部、それに東アジアに分布しています。林縁などに生え、つる性です。茎は細く木質化しています。葉は羽状複葉で、光沢のある卵状楕円形の小葉が3〜5個つきます。初夏、若い枝に白色または淡い紫色の花を咲かせます。花にはふつう8個の花弁のような萼がつきます。ちなみに写真上・中1は千葉県印旛沼産、中2・中3は韓国江原道(カンウォンド)産、それに中4・中5は栃木県日光産。
キンポウゲ科センニンソウ属の多年草で、学名は Clematis patens。
英名はありません。
"Kazaguruma" (Clematis patens) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to Honshu, Shikoku, northern Kyushu of Japan and East Asia. This herb is trailing vine and grows at the edge of forests. The stems are slender and lignified. The leaves are pinnate compound with 3-5 glossy ovate-elliptic leaflets. The white or pale purple flowers bloom at the young branches in early summer. The flower has usually eight petaloid sepals.
[上・中1〜5] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2011年05月04日撮影。
[中6・下] 栃木県日光市「東京大学付属日光植物園」にて、
2012年06月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp