かぜくさ (風草)

Eragrostis ferruginea

Eragrostis ferruginea

わが国の本州から四国、九州それに朝鮮半島や中国、ヒマラヤに分
布しています。畔道や道端、草地などに生え、高さは30〜60センチ
ほどになります。茎は根本から斜上して立ち上がり、細長い線形の
葉が叢生します。「オオバコ」と同じく、踏みつけにも強い雑草です。8
月から10月ごろ、茎の先の円錐花序に、疎らに紫色を帯びた小穂
をつけます。
イネ科スズメガヤ属の多年草で、学名は Eragrostis ferruginea。
英名はありません。
大阪府四条畷市下田原「ふれあいの森」にて、
2004年09月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp