かずのこぐさ (数の子草) [Index] [Back]

Beckmannia syzigachne

Beckmannia syzigachne

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島やシベリア東部、中央アジアからヨーロッパ東部、北アメリカに分布しています。わが国へは、弥生時代に「むぎ」の伝来とともに渡来しました。水田の畔などに生え、高さは30〜90センチになります。葉は線形で、白緑色を帯びます。6月から7月ごろ、花序をだし、淡緑色の小穂を枝の片側に密につけます。別名で「みのごめ(蓑米)」とも呼ばれます。
イネ科ミノゴメ属の一年草で、学名は Beckmannia syzigachne。
英名は American sloughgrass。
American sloughgrass belongs to Poaceae (Grass family). It is an annual herb that is distributed all over Japan, Korean Peninsula, eastern Siberia, Central Asia to eastern Europe and North America. It was introduced into Japan with wheat in Yayoi Era (about 2500 years ago). This herb occurs in rice field linches and can reach 30-90 cm in height. The leaves are linear and tinged with whitish green. The clusters are borne from June to July, and dense pale green spikelets on one side of branchlets.
大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp