けちょうせんあさがお (毛朝鮮朝顔)

Datura innoxia

Datura innoxia

Datura innoxia

Datura innoxia

Datura innoxia

Datura innoxia

Datura innoxia

北アメリカが原産です。わが国へは、明治時代以降に観賞用として
渡来しました。現在では各地に帰化しています。道ばたなどに生え、
高さは1メートル以上になります。全体に軟毛が密生します。8月から
9月ごろ、芳香のある漏斗形の花を上向きに咲かせます。花冠は外
側が淡いふじ色、内側が白色です。果実は刮ハで、多くの棘で被わ
れます。
ナス科チョウセンアサガオ属の一年草で、学名は Datura innoxia。
英名は Downy thorn apple, Sacred datura。
Downy thorn apple (Datura innoxia) belongs to the Solanaceae (the
Nightshade family). It is an annual herb that is native to North America. It
was introduced into Japan as an ornamental plant in Meiji Era or later
(about 100 years ago). Nowadays, it is naturalized in so many places. This
herb grows on roadsides and can reach up to 1 m in height. The plant is
covered with soft hairs. The fragrant, funnel-shaped flowers bloom upward
from August to September. The outer side of corolla is pale mauve and the
inner side is white. The fruits are capsules and covered with many thorns.
[上・中1〜2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、
2005年09月03日撮影。
[中3・中4] スペイン・バレンシア県プソルにて、
2011年08月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5・下] 同上にて、2011年08月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp