けいか (瓊花)

Viburnum macrocephalum f. keteleeri

Viburnum macrocephalum f. keteleeri

Viburnum macrocephalum f. keteleeri

Viburnum macrocephalum f. keteleeri

Viburnum macrocephalum f. keteleeri

中国の江蘇省、揚州市が原産です。隋から唐の時代、「瓊花(チウン
ホア)」は「玉蘂」とも呼ばれ、その芳香のある黄白色の花が愛でられ
たといいます。ただ不稔であったために、「聚八仙」という台木に接ぎ
木して増やしていたそうですが、やがて元軍の進入とともに絶え、そ
の後は残った台木の「聚八仙」が「瓊花」と呼ばれるようになったとい
います。わが国では、鑑真和上の縁で揚州市・大明寺から贈られた
ものが奈良県の唐招提寺や飛鳥寺などに植栽されています。「ムー
シュウチュウ(木綉球)」の近縁種で、高さは4メートルほどになり、葉
は卵形から楕円形の革質で、縁には細かい鋸歯があります。4月か
ら5月ごろ、白色の両性花とまわりに8個の真っ白な装飾花を咲かせ
ます。別名で「ハッセンカ(八仙花)」とも呼ばれます。写真中2は時期
はずれで、周りの装飾花が見られません。種名札は簡体で「王扁に
京・花」と書かれています。
スイカズラ科ガマズミ属の半常緑低木で、学名は Viburnum
macrocephalum f. keteleeri。英名は Qiong-hua, Baxian-hua。
[上・中1] 京都府宇治市「花空間けいはんな」にて、
2006年04月18日撮影。
[中2・下] 同上にて、2005年11月14日撮影。
[中3] 同上にて、2006年10月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp