けいぬびえ (毛犬稗)

Echinochloa crus-galli var. caudata

Echinochloa crus-galli var. caudata

Echinochloa crus-galli var. caudata

Echinochloa crus-galli var. caudata

Echinochloa crus-galli var. caudata

Echinochloa crus-galli var. caudata

わが国の本州以南から四国、九州に分布しています。「いぬびえ」の
変種で全体に大きく、湿ったところに群生します。8月から10月ご
ろ、茎の先に長さ20センチほどの花序をだし、花序は分枝して5ミリ
ほどの小穂をいっぱいつけます。外花穎の先に、濃緑色から暗紫褐
色の長い芒があるのが特徴です。「いぬびえ」との種間の形質変異
は連続的で、本種を「いぬびえ」に含める考え方もあります。
イネ科イヌビエ属の一年草で、学名は Echinochloa crus-galli var.
caudata。英名はありません。
'Ke-inubie' (Echinochloa crus-galli var. caudata) belongs to Poaceae (the
Grass family). It is an annual herb that is native to Honshu, Shikoku and
Kyushu. This grass is a variety of the Barnyardgrass, large overall and
clumping in the wet places. The flowering clusters are about 20 cm long
and borne on the stem apices from August to October. They are branched
and bear many spikelets about 5 mm long. It is defined by the long dark
green to dark purplish-brown aristae on the terminal inferior lemma. This
species has continuous phenotypical changes relative to the Barnyardgrass.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年07月28日撮影。
[中3] 茨城県潮来市あやめにて、2008年08月02日撮影。
[中4・下] 京都府京田辺市水汲にて、2005年08月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp