けまきゅうり (毛馬胡瓜) [Index] [Back]

Cucumis sativus

Cucumis sativus

Cucumis sativus

現在の大阪市都島区毛馬の特産品です。江戸時代末期に、台湾から渡来したものと考えられています。茎は細くて節間が長く、葉は淡い緑色です。果実は長さ30センチ、太さ3センチほどになります。上半分が淡緑色から淡黄緑色、下半分は白っぽくなります。いぼは黒いぼですが、小さくて目立ちません。系統的には、北支系雑種とされています。
ウリ科キュウリ属の一年草で、学名は Cucumis sativus。
英名はありません。
'Kema-kyuuri' belongs to Cucurbitaceae (Gourd family). It is a local variety of cucumber that has been cultivated in Kema area of Osaka-city. This cucumber was probably introduced from Taiwan in the last days of Edo Era (about 150 years ago). The stems are slender and have long internodes. The leaves are plale green. The fruit is about 30 cm long and 3 cm across, its upper half is pale green to pale yellowish-green and lower half is whitish. The warts is small, black and inconspicuous.
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp