けまんそう (華鬘草)

Dicentra spectabilis

Dicentra spectabilis

Dicentra spectabilis

Dicentra spectabilis

Dicentra spectabilis

Dicentra spectabilis

Dicentra spectabilis

中国の北部から朝鮮半島に分布しています。わが国へは、室町時代に渡来しました。名前は、花が下垂したところを仏教の華鬘(けまん)に見立てたもの。別名で「たいつりそう(鯛釣り草)」とも呼ばれます。4月から6月ごろ、弓なりに伸びた花茎に、ハート形の花を下垂して咲かせます。花冠は紅色またはピンク色で、先端が白色です。 
ケマンソウ科コマクサ属の多年草で、学名は Dicentra spectabilis。
英名は Bleeding heart。 
Bleeding heart (Dicentra spectabilis) belongs to the Fumariaceae (the Fumitory family). It is a perennial herb that is native from northern China to the Korean Peninsula. It was introduced into Japan in Muromachi Era (about 550 years ago). This herb blooms drooping heart-shaped flowers on the arched flowering stalks from April to May. The collora is rose-pink to pink with white tips. 
[上・中1] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2009年04月25日撮影。
[中2] 群馬県太田市「アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン」
にて、2009年03月28日撮影。
[中3・中4] 愛知県渥美町「伊良湖フラワーパーク」にて、
2004年03月07日撮影。
[中5] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp