けし (罌粟)

Papaver somniferum

Papaver somniferum

地中海東部沿岸から小アジアが原産です。わが国へは室町時代に
渡来しています。茎は直立して、高さが1〜2メートルになります。全
体に無毛です。葉は灰緑色の長楕円形から長卵形で互生し、縁には
不規則な欠刻があり波打ちます。また基部では茎を抱きます。5月ご
ろ、花茎の先に白色から紅色、紫色などの4弁花を咲かせます。若
い果実からは阿片(あへん)の原料が採取され、種子は食用になりま
す。さまざまな園芸品種も作出されていますが、わが国での一般の
栽培は禁止されています。
ケシ科ケシ属の二年草で、学名は Papaver somniferum。
英名は Opium poppy, Breadseed poppy, Lettuce leaf poppy。
アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp