けすず (毛篶)

Sasamorpha mollis

わが国の本州の太平洋側と四国に分布しています。林下に生育し、
桿の高さは1.5〜2メートルになります。桿鞘に長い毛があり、葉の
裏面には軟毛が密生します。名前は毛のある「スズタケ(S. borealis)」
ということから。水篶(美篶)刈る信濃(科野)、この枕詞のみすずは
「スズタケ」の異称です。
イネ科スズタケ属の常緑タケ類で、学名は Sasamorpha mollis。
英名はありません。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2004年02月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp