きだちアロエ (木立アロエ)

Aloe arborescens

Aloe arborescens

Aloe arborescens

Aloe arborescens

Aloe arborescens

Aloe arborescens

Aloe arborescens

Aloe arborescens

Aloe arborescens

Aloe arborescens

南アフリカからジンバブエに分布しています。山地の岩場などに生え、高さは6メートルほどになります。灰緑色の葉は剣状で、縁には鋭い棘があります。12月から3月ごろ、花茎を伸ばして穂状花序に朱赤色の花を咲かせます。わが国でも「医者いらず」と呼ばれ、広く普及しています。 
ユリ科アロエ属の常緑低木で、学名は Aloe arborescens。英名は Krantz aloe。 
Krantz aloe (Aloe arborescens) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen perennial herb that is native to South Africa to Zimbabwe. This herb grows in montane rocky areas and can reach about 6 m in height. The leaves are grayish green ensiform with spiny toothed edges. Scarlet red flowers come in spikes on the long stalks from December to March. The leaves are used for folk medicine. 
[上・中1・中3〜4] 静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、2007年02月16日撮影。
[中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2004年11月27日撮影。
[中5] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年01月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7・中8] ポルトガル・レイリア県アウヴェヤズルにて、2018年06月28日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2018年07月02日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp