きばなあま (黄花亜麻)

Reinwardtia indica

Reinwardtia indica

Reinwardtia indica

Reinwardtia indica

インド北部から中国にかけて分布しています。山地などに生え、高さ
は90センチくらいになります。学名のまま、「レインウァルティア」と呼
ばれることもあります。中国では、「雲南月光花」とか「迎春柳」と呼ば
れるそうです。冬から春にかけて、つぎつぎに黄色い花を咲かせま
す。
アマ科キバナアマ属の常緑小低木で、学名は Reinwardtia indica。
英名は Yellow flax。
Yellow flax (Reinwardtia indica) belongs to the Linaceae (the Flax family).
It is an evergreen shrub that is native from northern India to China. This
shrub grows in mountains and can reach about 90 cm in height. Yellow flax
is also called "Reinwardtia" as it's genus name. The yellow flowers bloom
continually from winter to spring.
[上・中1] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2010年01月24日撮影。
[中2・下] 兵庫県姫路市「姫路市立手柄山温室植物園」にて、
2002年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp