きせるあざみ (煙管薊)

Cirsium sieboldii

Cirsium sieboldii

Cirsium sieboldii

Cirsium sieboldii

Cirsium sieboldii

Cirsium sieboldii

Cirsium sieboldii

わが国の本州から四国・九州北部に分布しています。湿地に生え、
高さは60〜100センチになります。葉は羽状に分裂し、ロゼット状
に根生します。茎葉は小さく、まばらにつきます。9月から10月ごろ、
茎の上部で分枝して、枝先に淡紅紫色の頭花を横から下向きに咲
かせます。名前はそのかたちを煙管(きせる)に見立てたもの。別名
で「サワアザミ(沢薊)」、若葉が食用にされるため「マアザミ(真薊)」
とも呼ばれます。
キク科アザミ属の多年草で、学名は Cirsium sieboldii。
英名はありません。
[上・中1・中5・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中2〜中4] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年09月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp