きだちベゴニア (木立ベゴニア)

Begonia sp.

Begonia sp.

Begonia sp.

Begonia sp.

Begonia sp.

Begonia sp.

Begonia sp.

Begonia cv. Rubaiyat

Begonia cv. Chocolate Soldier

Begonia cv. Aki

Begonia cv. Ingralorii

Begonia cv. Richmondensis

Begonia cv. Jeanne Fleetham

Begonia cv. Dragon Wing

Begonia sp.

Begonia sp.

南アメリカが原産です。高さが2〜3メートルほどになり、左右非対称の心形の葉が対生します。古くから改良されて多くの品種が作出されています。英名は、茎が「たけ(竹)」の杖に似ているから、あるいは葉のかたちが天使の羽に似ていることから名づけられました。
写真の品種は、中7が「ルバイアット(cv. Rubaiyat)」、
中8が「チョコレートソルジャー(cv. Chocolate Soldier)」、
中9が「アキ(cv. Aki)」、中10が「イングラローリー(cv. Ingralorii)」、
中11が「リッチモンデンシス(cv. Richmondensis)」、
中12が「ジャンヌフリーサム(cv. Jeanne Fleetham)」、
中13が「ドラゴンウイング(cv. Dragon Wing)」。
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia sp.(属の総称)。英名は Cane-like begonia、Angel's wing begonia。
Cane-like begonia (Begonia sp.) belongs to the family Begoniaceae (the Begonia family). It is an evergreen herb that is native to South America. This herb can reach 2-3 m in height. The leaves are left-right asymmetric, cordate and arranged in opposite. It has been made improvements as a ornamental plant from long ago, and there are many cultivars. The common name is derived from bamboo cane-like stems or angel's wing-like leaves.
[上・中1〜4] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中5〜13] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年01月06日撮影。
[中14] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp