きちょうじ (黄丁字)

Cestrum aurantiacum

Cestrum aurantiacum

Cestrum aurantiacum

Cestrum aurantiacum

Cestrum aurantiacum

中央アメリカのグアテマラが原産です。高さは1.8〜2.4メートルほ
どになります。葉は槍形で、触ると濡れたイヌのような臭いがします。
春から夏にかけて、橙黄色の筒状花を咲かせます。花後に白い果実
がなります。
ナス科キチョウジ属の常緑低木で、学名は Cestrum aurantiacum。
英名は Orange jasmine, Orange cestrum。
Orange jasmine belongs to Solanaceae (Nightshade family). It is an
evergreen small tree that is native to Guatemala, Central America. This tree
can reach 1.8-2.4 m in height. The leaves are lance-shaped and smell like a
wet dog when touched. The orange-yellow tubular flowers come in spring
to summer. The fruits are ripen white after flowering.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[下] 同上にて、2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp