きばなコスモス (黄花秋桜)

Cosmos sulphureus

Cosmos sulphureus

Cosmos sulphureus

Cosmos sulphureus

Cosmos sulphureus

Cosmos sulphureus

Cosmos sulphureus

Cosmos sulphureus

Cosmos sulphureus

Cosmos sulphureus

メキシコ原産の一年草です。葉の切れ込みがコスモスよりやや少なく、草丈が低いことが異なります。ほとんどの品種は日長にあまり関係なく開花し、花期は6月から10月ごろです。花色は黄色のほか、オレンジ色や朱赤色などがあります。
キク科コスモス属の一年草で、学名は Cosmos sulphureus。
英名は Golden cosmos、Sulfur cosmos。
Golden cosmos belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is an annual herb that is native to Mexico. This herb is defined that the leaves are divided into coarse segments and smaller than the common Cosmos. There are many cultivars and they bloom independently of the day length from June to October. The flower color is yellow, orange or vermilion red.
[上・中1] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] 同上にて、2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 岡山県美咲町柵原にて、2004年08月25日撮影。
[中4・中5] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年09月25日撮影。
[中6] ベトナム・ハノイ市にて、2008年05月30日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7] 千葉県香取市大角にて、2011年08月02日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp