きはだ (黄檗)

Phellodendron amurense

Phellodendron amurense

Phellodendron amurense

Phellodendron amurense

Phellodendron amurense

Phellodendron amurense

Phellodendron amurense

Phellodendron amurense

Phellodendron amurense

Phellodendron amurense

わが国の各地をはじめ、サハリンや南千島それに朝鮮半島、中国に分布しています。山地に生え、高さは10〜25メートルになります。樹皮は厚いコルク層で、内皮は鮮やかな黄色をしています。葉は奇数羽状複葉で、小葉は狭卵形です。雌雄異株で、5月から6月ごろ、小さな黄色い花を咲かせます。果実は1センチほどの球形で、黒くなって冬まで残ります。名前にもなっている黄色い内皮は、黄檗(おうばく)と呼ばれ、胃腸薬や染料に使われます。また果実も駆虫薬として利用されます。
ミカン科キハダ属の落葉高木で、学名は Phellodendron amurense 。
英名は Amur corktree。
Amur corktree belongs to the Rutaceae (the Citrus family). It is a tall deciduous tree that is distributed to all over Japan, Sakhalin, the southern Kuril Islands, the Korean Peninsula and China. This tree grows in mountains and can reach 10-25 m in height. The barks have thick cork layer and bright yellow inner barks. The leaves are imparipinnate with narrow-ovate leaflets. It is dioecious. The small yellow flowers come in May to June. The fruits are globose, ripen black and remain until winter. The yellow inner barks are used as digestive medicine or dye, and the fruits are also used as anthelminthic.
[上・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2007年05月22日撮影。
[中5] 同上にて、2006年02月15日撮影。
[中3] 長野県飯田市上村「下栗の里」にて、2002年11月03日撮影。
[中6・中7] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2010年05月16日撮影。
[中8・下] 群馬県高崎市「観音山」にて、2012年04月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp