きだちはっか (木立薄荷)

Satureja montana

Satureja montana

Satureja montana

Satureja montana

Satureja montana

ヨーロッパ南部から北アフリカにかけて分布しています。日当たりの
良いアルカリ土壌に生え、高さは30〜40センチになります。7月か
ら10月ごろ、小さな白い花を咲かせます。ヨーロッパでは「豆のハー
ブ」と呼ばれ、快い刺激と深みのある「ペッパー」に似た香りは、ブー
ケガルニ(香草の束)の材料のひとつにもなっています。
シソ科キダチハッカ属の常緑小低木で、学名は Satureja montana。
英名は Winter savory。
Winter savory belongs to Labiaceae (Mint family). It is an evergreen shrub
that is native to southern Europe and northern Africa. This shrub occurs in
sunny alkaline soils and can reach 30-40 cm in height. The small white
flowers come in July through October. Winter savory has strong peppery
flavour, and it is also called 'Bean herb' in Europe. This herb is a content of
Bouquet garni.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年09月25日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2003年08月24日撮影。
[下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp