きいしおぎく (紀伊潮菊)

Chrysanthemum shiwogiku var. kinokuniense

Chrysanthemum shiwogiku var. kinokuniense

Chrysanthemum shiwogiku var. kinokuniense

Chrysanthemum shiwogiku var. kinokuniense

Chrysanthemum shiwogiku var. kinokuniense

わが国の本州、三重県の志摩半島から和歌山県の日ノ御碕までの
海岸に分布しています。「しおぎく」の変種で、「いそぎく」と「しおぎ
く」の中間的な形態をしています。葉は、倒披針形から倒卵形です。
10月から12月ごろ、茎頂から花柄を伸ばし、直径8ミリほどの黄色
い頭花を咲かせます。筒状花だけしかありません。別名で「きのくに
しおぎく(紀国潮菊)」とも呼ばれます。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum shiwogiku var.
kinokuniense。英名はありません。
"Kii-shio-giku" (Chrysanthemum shiwogiku var. kinokuniense) belongs to
the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed to
the seashores which exist from the Shima Peninsula of Mie prefecture to
the Hino-misaki Peninsula of Wakayama prefecture in Honshu. This
species is a variety of "Shio-giku" and develops intermediate characters of
"Iso-giku" and "Shio-giku". The leaves are oblanceolate to obovate. The
peduncles are borne on the terminal stems and the yellow flower heads,
about 8 mm across, bloom from October to December. The flower heads
consist only of disk flowers.
[上・中1・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年11月15日撮影。
[中2・中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年01月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp