きじむしろ (雉蓆)

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

Potentilla fragarioides var. major

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、シベリアに分布しています。山野に生え、高さは15〜30センチになります。全体に長い毛が生え、匍匐枝はだしません。葉は奇数羽状複葉で束生し、卵形の小葉は5〜9個あります。4月から8月ごろ、花茎を伸ばして集散花序をつけ、黄色い花を咲かせます。名前は、丸く広がったかたちをキジの座る蓆に見立てたもの。
バラ科キジムシロ属の多年草で、学名は Potentilla fragarioides var. major。英名はありません。
"Kiji-mushiro" (Potentilla fragarioides var. major) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is native throughout Japan, the Korean Peninsula, China and Siberia. This herb grows in mountains and fields, and can reach 15-30 cm in height. The whole plant is covered with long hairs and the runners do not bear. The leaves are impari-pinnate compound and fasciculate with 5-9 ovate leaflets. The flowering stalks are borne and the yellow flowers bloom in the cymes from April to August.
[上・中1〜3] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月01日撮影。
[中4] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月16日撮影。
[中8・中9] 同上にて、2013年04月01日撮影。
[中5・中6] 千葉県香取市田部にて、2012年04月25日撮影。
[中7] 千葉県旭市「万歳自然公園」にて、2012年04月29日撮影。
[中10・中11] 山形県小国町小玉川にて、2013年04月15日撮影。
[中12] 福島県いわき市遠野町「滝富士」にて、
2014年04月06日撮影。
[下] 福島県いわき市田人町「仏具山」にて、2014年04月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp