きっこうりゅう (亀甲竜)

Dioscorea elephantipes

Dioscorea elephantipes

Dioscorea elephantipes

Dioscorea elephantipes

南アフリカが原産です。塊茎は半球状で、コルク質の表面には亀甲
状の深い彫りがはいります。夏の間は休眠し、秋から蔓性の茎をだ
してハート形の葉をつけます。花は黄白色で「やまのいも」の仲間に
似ています。現地の人たちは、この塊茎を食用にするそうです。
ヤマノイモ科ヤマノイモ属の多年草で、学名は Dioscorea
elephantipes。英名は Elephant's foot, Hottentot-bread。
Elephant's foot belongs to Dioscoreaceae (Yam family). It is a perennial
herb that is native to South Africa. The tuber is hemispherical and the
surface is covered with suberose testudinal ridges. This herb is dormant in
summer. It developes young shoots in fall and come into heart-shaped
leaves. The yellowish white flowers look like relative of yam. The natives
have been used these tubers for food.
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年10月05日撮影。
[中2] 同上にて、2004年10月13日撮影。
[下] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp