きくちレモン (菊地檸檬)

Citrus x meyeri

Citrus x meyeri

Citrus x meyeri

Citrus x meyeri

わが国の小笠原諸島で栽培されている「レモン」の一品種で、戦前に
北マリアナ諸島のテニアン島から導入されました。「レモン(C.
limon)」と「スイートオレンジ(C. sinensis)」の交雑種とされる「マイヤー
レモン」の一系統です。高さは1〜3メートルほどになります。果実は
大きくて比較的糖度が高く、爽やかな香りが特徴です。別名で「しま
レモン(島檸檬)」とか「サイパンレモン(サイパン檸檬)」とも呼ばれま
す。
ミカン科ミカン属の常緑低木で、学名は Citrus x meyeri。
英名はありません。
'Kikuchi lemon' belongs to Rutaceae (Citrus family). It is an evergreen small
tree that is cultivated in the Ogasawara Island of Japan. This fruit tree is a
variety of Lemon, and was introduced from the Tinian Island of the
Northern Marianas Islands before the Second World War. It is thought that
one breed of Meyer's lemon which crossbred between Lemon (C. limon)
and Sweet orange (C. sinensis). This tree can reach 1-3 m in height. Fruits
is characterized by high sugar content and refreshing fragrance.
[上・中1] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年01月12日撮影。
[中2・下] 同上にて、2007年12月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp