きく・さがぎく (菊・嵯峨菊)

Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga

Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga

Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga

Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga

Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga

Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga

Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga

Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga

京都府右京区嵯峨で育成された鑑賞菊の一品種群で、およそ160
年ほどの歴史があります。直径9〜18センチの中菊で、ふつうの「キ
ク」よりも遅く、11月ごろに咲きます。糸のように細い管弁が特徴で
す。嵯峨野にある大覚寺では、王朝風の七五三作りの伝統を今に伝
えています。写真の品種は上から「右近の橘」、「定雄紫紅」、「嵯峨
の錦」、「嵯峨の月」、「大路の朝霧」、「嵯峨の風車」、「嵯峨の庵」そ
れに「小倉娘」。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum grandiflorum cv.
Saga。英名はありません。
[上・中1〜4] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年11月14日撮影。
[中5〜6・下] 同上にて、2006年10月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp