きくいも (菊芋)

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

Helianthus tuberosus

アメリカ中部のグレートプレーンズ(Great Plaines)が原産です。わが
国へは江戸時代の末期に渡来しました。塊茎にはイヌリンが含まれ
るため、果糖やアルコールの原料、家畜の飼料として世界各地で栽
培されています。わが国では現在、ほとんど栽培されていません。高
さは1.5〜3メートルになり、9月から10月ごろ、黄色い花を咲かせ
ます。「いぬきくいも」ときわめて似ていて区別が難しいですが、鋸歯
が比較的大きいこと、総苞がより短くて反り返ること、舌状花が10〜
20個で、先端が3〜5浅裂などの特徴があります。
キク科ヒマワリ属の多年草で、学名は Helianthus tuberosus。
英名は Jerusalem artichoke。
Jerusalem artichoke (Helianthus tuberosus) belongs to Asteraceae (the
Aster family). It is a perennial herb that is native to the Great Plaines of
central United States. It was introduced into Japan in the last days of Edo
Era (about 150 year ago). This herb is cultivated around the world though
it is cultivated little or nothing in Japan. The caudices contain inulin and used
as raw materials of fructose and alcohol, and animal consumption. It can
reach 1.5-3 m in height. Yellow flower-heads come in September to
October. It resembles the Paleleaf woodland sunflower closely and it is
difficult to identify. It is defined by relatively-large toothed edges, relatively-
short and recurving bracts, and ten to twenty ray flowers with three to five
lobate tips.
[上・中8] 奈良県御所市高天「金剛山」にて、2006年09月05日撮影。
[中1〜中3] 長野県松本市内田にて、2005年09月21日撮影。
[中4・中5] 新潟県妙高市杉野沢にて、2005年08月30日撮影。
[中6・中9] 群馬県みなかみ町大穴にて、2008年09月21日撮影。
[中7・中10] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。
[下] 東京都文京区「小石川植物園」にて、2009年08月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp