きくばくわがた (菊葉鍬形)

Pseudolysimachion schmidtianum ssp. schmidtianum

Pseudolysimachion schmidtianum ssp. schmidtianum

わが国の北海道から千島列島、サハリンに分布しています。亜高山
帯から高山帯の岩礫地や海岸の砂礫地に生え、高さは5〜20セン
チになります。葉は広披針形から卵形、卵状三角形で、先が尖り、羽
状に裂けます。7月から8月ごろ、青紫色の花を咲かせます。名前
は、葉が「キク」の葉に似ていることから。
ゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草で、学名は Pseudolysimachion
schmidtianum ssp. schmidtianum。英名はありません。
[上] 長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、2005年07月08日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年08月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp