ききょうそう (桔梗草) [Index] [Back]

Specularia perfoliata

Specularia perfoliata

Specularia perfoliata

Specularia perfoliata

Specularia perfoliata

北アメリカの東部に広く分布しています。わが国でも、各地にわずかに帰化しています。荒れ地や牧草地、道ばたなどに生え、高さは30〜80センチになります。葉は円形から卵形で互生し、鋸歯があります。5月から7月ごろ、青色から紫色の花を咲かせます。
キキョウ科キキョウソウ属の一年草で、学名は Specularia perfoliata (syn. Triodanis perfoliata)。英名は Venus's looking-glass。
Venus's looking-glass belongs to the Campanulaceae (the Bellflower family). It is an annual herb that is distributed widely to eastern North America. It is naturalized a few places in Japan. This herb grows in disturbed areas, pastures or roadsides and can reach 30-80 cm in height. The leaves are round to ovate and alternate with toothed edges. The blue to purple flowers come in May to July.
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中2〜3・下] 茨城県稲敷市釜井にて、2011年06月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp