ききょう (桔梗)

Platycodon grandiflorum

Platycodon grandiflorum

Platycodon grandiflorum

Platycodon grandiflorum

Platycodon grandiflorum

Platycodon grandiflorum

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国北部に分布しています。
日当たりのよい草地に生え、高さは50〜100センチになります。葉
は狭卵形で鋭い鋸歯があり、互生します。7月から9月ごろ、茎頂に
青紫色をした鐘形の花を咲かせます。古くは「あさがお」と呼ばれ、
山上憶良の歌「朝顔は朝露負ひて咲くといえど夕影にこそ咲き増さり
けり」にも登場しています。お屠蘇の材料や、乾燥した根を桔梗根
(ききょうこん)と呼び、たん去りの妙薬としても利用されています。
キキョウ科キキョウ属の多年草で、学名は Platycodon grandiflorum。
英名は Baloon flower。
Baloon flower belongs to the Campanulaceae the (Bellflower family). It is a
perennial herb that is native to through Japan, the Korean Penninsula and
northern China. This herb grows in sunny grasslands and can reach 50-
100 cm in height. The leaves are narrow ovate and alternate with acute
toothed edges. The bluish-purple bell shaped flowers come in June through
September. This root is used as a herbal medicine for expectorant.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年02月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中2] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年07月07日撮影。
[中4] 岐阜県白川村荻町「白川郷」にて、2006年07月12日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年09月02日撮影。
(photo by Kazuko Igichi)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp