きばなルピナス (黄花ルピナス) [Index] [Back]

Lupinus luteus

Lupinus luteus

Lupinus luteus

Lupinus luteus

Lupinus luteus

ヨーロッパの南部、イタリアから地中海沿岸が原産です。高さは40〜40センチになります。茎は直立してよく分枝して、柔らかな毛に被われています。葉は掌状複葉で、7〜9個の小葉があります。4月から6月ごろ、茎頂に総状花序をだし、わずかに香りのある黄色の花を咲かせます。古くから栽培されている品種です。
マメ科ルピナス属の一年草で、学名は Lupinus luteus。
英名は Yellow lupine。
Yellow lupine (Lupinus luteus) belongs to Fabaceae (Pea family). It is an annual herb that is native to southern Europe; Italy and the Mediterranean. This herb can reach 40-60 cm in height. The stems are erect, much-branched and densely villous. The leaves are palmate compound with 7-9 leaflets. The racemes are borne on the stem apices and bloom lightly-scented yellow flowers from April to June. Yellow lupine has been cultivated from long ago.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市須田にて、2009年04月12日撮影。
[中3・下] 茨城県神栖市土合西にて、2008年05月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp