きばなからまつそう (黄花落葉松草) [Index] [Back]

Thalictrum flavum

Thalictrum flavum

Thalictrum flavum

Thalictrum flavum

Thalictrum flavum

ヨーロッパから北アフリカ、西アジアに分布しています。湿り気のある草地や川沿いなどに生え、高さは60〜120センチになります。葉は濃い灰緑色で、分裂します。晩春から初夏にかけて、密集した花序に、小さくて芳香のある黄色い花をいっぱい咲かせます。庭園の縁取りなどに利用されます。
キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草で、学名は Thalictrum flavum。英名は Yellow meadow rue、Common meadow rue。
Yellow meadow rue belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to Europe, North Africa and West Asia. This herb grows in damp meadows or stream-sides and can reach 60-120 cm in height. The leaves are dark grayish green and much divided. The numerous small, fragrant, yellow flowers come in dense clusters from late spring to early summer. It is planted in garden borders.
[上・中1] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜3・下] 同上にて、2008年05月11日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp