きばなみそはぎ (黄花禊萩)

Heimia myrtifolia

Heimia myrtifolia

Heimia myrtifolia

Heimia myrtifolia

ブラジルからウルグアイが原産です。河岸などに生え、高さは1メー
トルくらいで株立状になります。葉は披針形で対生し、全縁です。6月
から7月ごろ、葉腋に小さな黄色の花を咲かせます。和名は、黄花で
「みそはぎ(禊萩)」に似ていることから。
ミソハギ科キバナミソハギ属の落葉小低木で、学名は Heimia
myrtifolia。英名はありません。
Heimia myrtifolia belongs to the Lythraceae (the Loosestrife family). It is a
deciduous shrub that is native to Brazil and Uruguay. This bushy shrub
grows in stream edges and can reach about 1 m in height. The leaves are
lanceolate, entire and arranged in opposte. The yellow flowers bloom in the
axils from June to July.
[上・中1] 東京都文京区「小石川植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中2・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp