きんめいもうそうちく (金明孟宗竹)

Phyllostachys pubescens var. nabeshimana

Phyllostachys pubescens var. nabeshimana

Phyllostachys pubescens var. nabeshimana

Phyllostachys pubescens var. nabeshimana

Phyllostachys pubescens var. nabeshimana

Phyllostachys pubescens var. nabeshimana

Phyllostachys pubescens var. nabeshimana

Phyllostachys pubescens var. nabeshimana

中国の江南地方から渡来した「もうそうちく(孟宗竹)」の変種です。桿は黄金色で、緑色の縦縞が入ります。宮崎県北川町の祝子(ほうり)川竹林や、福岡県久留米市の高良(こうら)竹林が国の天然記念物に指定されています。近年、京都府京田辺市の佐牙(さぎ)神社近くの竹やぶでも、自生しているのが見つかったそうです。
イネ科マダケ属の単軸型タケ類で、学名は Phyllostachys pubescens var. nabeshimana。英名はありません。
"Kinmei-moso-chiku" (Phyllostachys pubescens var. nabeshimana) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a variety of "Moso-chiku" which was introduced into Japan from the Jiangnan region of China. The culms are sunny yellow with green vertical stripes. Some bamboo groves are designated as one of Japan's protected species.
[上・中3] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、
2006年02月10日撮影。
[中1・中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年01月19日撮影。
[中4〜6・下] 静岡県長泉町「富士竹類植物園」にて、
2012年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp