きんぎんぼく (金銀木)

Lonicera morrowii

Lonicera morrowii

Lonicera morrowii

Lonicera morrowii

Lonicera morrowii

Lonicera morrowii

Lonicera morrowii

Lonicera morrowii

Lonicera morrowii

Lonicera morrowii

わが国の北海道から本州、四国に分布しています。日当たりのよい
山野に生え、高さは2メートルほどになります。若い枝には4稜があり
軟毛が密生します。4月から6月ごろ、葉腋に2個ずつ花を咲かせま
す。花色は、はじめの白色からやがて淡い黄色に変わります。秋に
赤く熟す果実は2個が合体して瓢箪のかたちになります。このことか
ら「ひょうたんぼく(瓢箪木)」とも呼ばれます。この果実は有毒です。
スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木で、学名は Lonicera morrowii。
英名は Morrow's honeysuckle。
Morrow's honeysuckle belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle
family). It is a small deciduous tree that is distributed to Hokkaido, Honshu
and Shikoku of Japan. This tree grows in sunny fields and mountains and
can reach about 2 m in height. The young stems are four ridged and
covered with soft hairs. The pair of flowers bloom in the axiles in April to
June. The flower color is white at first and turns pale yellow. The fruits
ripen red in fall, and are connate fruits just like gourd. The fruits are
poisonous.
[上・中1〜2] 長野県松本市内田にて、2005年05月22日撮影。
[中3] 長野県塩尻市旧塩尻にて、2007年07月11日撮影。
[中4] 長野県白馬村落倉にて、2005年07月11日撮影。
[中5] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[中6] 同上にて、2007年03月10日撮影。
[中7〜8・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2011年05月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp