きんごうかん (金合歓)

Acacia farnesiana

Acacia farnesiana

Acacia farnesiana

Acacia farnesiana

Acacia farnesiana

アメリカ南部からメキシコが原産だと考えられています。現在では広く熱帯・亜熱帯地域で植栽され、帰化もしています。乾燥したマツ林や荒れ地などに生え、高さは8メートルほどになります。樹皮は淡褐色で粗く、葉は2回羽状複葉で、広線形の小葉が10〜12対つきます。葉腋から長い花梗を伸ばして球状花序をつけ、芳香のある黄色い花を咲かせます。果実は莢果で長さが4〜7.5センチあり、裂開しません。樹皮や果実にはタンニンが含まれ、染料やインクの原料に利用されます。
ネムノキ科アカシア属の常緑小高木で、学名は Acacia farnesiana。
英名は Sweet acacia、Popinac、Sponge tree。
Sweet acacia (Acacia farnesiana) belongs to Mimosaceae (the Mimosa family). It is a semi-tall evergreen tree that is thought to be native to southern United States and Mexico. It is planted widely or naturalized in the tropical and sub-tropical areas. This tree grows in arid pine communities and waste grounds, and can reach about 8 m in height. The barks are pale brown, coarse and the leaves are bipinnate compound with 10-12 pairs of broad-linear leaflets. The spherical clusters are borne on the long peduncles of axils, and bloom scented yellow flowers. The fruits are pods, 4-7.5 cm long, and do not split open. The barks and fruits contain tannin, and used as an ingredient of dyewood and ink.
[上・中1〜2] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年01月29日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・下] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2011年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp