きんぐさり (金鎖)

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

Laburnum anagyroides

ヨーロッパの中・南部に分布しています。山地の林内や潅木帯に生え、高さは7メートルほどになります。樹皮は暗灰色で、浅く割れ目が入ります。葉は3出複葉で、小葉は楕円形をしています。5月から6月ごろ、短枝から総状花序を下垂させ、鮮やかな黄色い蝶形花を咲かせます。果実はやや円形の豆果です。全体にアルカロイドが含まれ、有毒です。 
マメ科ラブルヌム属の落葉小高木で、学名は Laburnum anagyroides。英名は Golden chain、Common laburnum。 
The Golden chain (Laburnum anagyroides) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to central and southern Europe. This tree grows in montane forests or scrubs and can reach about 7 m in height. The barks are dark gray and shallow fissuered. The leaves are trifoliate with elliptic leaflets. The drooping racemes are borne on the short twigs and the bright yellow papilionaceous flowers bloom from May to June. The fruits are roundish seed pods. The whole plant contains alkaloid, therefore, it is toxic. 
[上・中1] 群馬県足利市「足利フラワーパーク」にて、
2010年05月09日撮影。
[中2・中3] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年05月23日撮影。
[中4〜6・中8] 長野県安曇野市穂高柏原にて、
2006年06月02日撮影。
[中7・中9] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10] イギリス・スコットランド・ネアン州「コーダー城」にて、
2007年06月17日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中11・中12] スイス・ベルン州メンリッヒェンにて、
2013年07月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中13・中14] イギリス・ランカシャー州ウォーリーにて、
2015年05月30日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] イギリス・スコットランド・フォートウィリアムにて、
2016年05月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

L>