きんぎょそう (金魚草)

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus cv. Demekin

Antirrhinum majus cv. Demekin

Antirrhinum majus cv. Demekin

Antirrhinum majus cv. Purple Kiss

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus

Antirrhinum majus cv. Floral Shower

Antirrhinum majus cv. Floral Shower

Antirrhinum majus cv. Brazilian Carnival

Antirrhinum majus cv. Brazilian Carnival

地中海沿岸が原産です。金魚に似たかたちの花が穂状に咲きますが、近ごろでは八重咲きやベル咲きなどの変わり品種もでてきています。ふつうは4月から7月にかけて、赤色やオレンジ色、黄色、ピンク色、白色など多彩な花を咲かせます。写真の中4〜6は、ミヨシの「出目金(cv. Demekin)」、中7は、サントリーフラワーズの「パープルキッス(cv. Purple Kiss)」、中16・中17は「フローラルシャワー(cv. Floral Shower)」、中18・下は「ブラジリアンカーニバル(cv. Brazilian Carnival)」。
ゴマノハグサ科キンギョソウ属の多年草で、学名は Antirrhinum majus。英名は Snapdragon。 
Snapdragon (Antirrhinum majus) belongs to the Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennialherb that is native to the coastal area of Mediterranean Sea. Flowers are goldfish-shaped in the long spikes. Varied flower types are breeded such as double flowers or bell-shaped flowers nowadays. Red or orange, yellow,pink, white flowers come from April to July. 
[上・中1〜3] 静岡県南伊豆町大瀬「花狩り成晃園」にて、
2007年02月16日撮影。
[中4〜中7] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中8] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01月31日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中9・中10] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
中12〜中14] 千葉県南房総市「おおつの里」にて、
2008年02月23日撮影。
[中15] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、2016年05月31日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中16・中17] 千葉県香取市大角にて、2010年06月25日撮影。
[中18・下] 同上にて、2013年05月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp